毛の埋没でお悩みのあなたへ

すね毛やワキ毛の処理の仕方が悪くてできる埋没毛。正しい毛の処理方法で毛が埋没することは防げます。このサイトでは部位ごとに埋没毛を防ぐ方法をご紹介しています。


埋没毛はどうして出来るんだろう?

カミソリや毛抜きを使って、自分でムダ毛の処理をしている人も多いのですが、自分の素肌をよく見てください。ムダ毛が毛穴から出ていなくて、皮膚の中で埋まっているという場所は無いですか?

実はこれが「埋没毛」です。

一度毛が埋没してしまうと、繰り返し出来るようになってしまいます。これは毛を剃ったり抜いたときに皮膚がダメージを受け、自己治癒したとき毛穴がふさがってしまうことで起こる症状です。

ですから、あなたがカミソリで剃ったり、抜いたりすることでムダ毛の処理をしているなら、そのやり方を見直す必要があります。

放置すると気がついた時には埋没毛だらけで素肌を出すことが出来ないということも少なくありません。お肌がブツブツとしているところがあるようなら、埋没毛になっている可能性があるので、十分注意をしましょうね。


無理やり出そうとしないで

さて、埋没毛が見つかると、どうしても無理やり出したくなってしまいますが、これは絶対にやってはいけません。このサイトではその理由もご紹介していますが、埋没毛のケア方法もご紹介しています。(埋没した毛の処理の仕方とは?)どうしても埋没毛が気になるという人は、このサイトでご紹介している処理方法を参考にしてください。

自己判断で無理やり出そうとしてしまうと、後で大変なことになってしまいます。一番良いのは埋没毛にならないようにする方法なのですが、万が一出来てしまった場合にも困らないように、参考にしてください。


埋没毛にならないために

埋没毛を作らないためには、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしないこと。これが大切です。キレイな素肌になるためにムダ毛の処理をするなら、皮膚にダメージを与えない方法を選ばないといけません。

例えば、脱毛サロンで利用されているような光脱毛(フラッシュ脱毛)は、光を当てることで毛と毛根にだけダメージを与え毛を処理します。この方法であれば毛の表面は傷んでいませんから、毛穴がふさがる心配はないわけです。

ミュゼプラチナム : http://musee-pla.com/

今は家庭で使える脱毛器もありますから、そのような器具を使うと良いでしょうね。

中でも人気があるのがケノンという脱毛器です。高価な機種ですが分割払いで購入することができるので意外とリーズナブル。脱毛サロンに通うことを考えるとずっとお得です。

ケノン : http://ケノン.com/

もっと安い機種にノーノーヘアがあります。こちらは熱を使って毛と毛根にダメージを与えます。こちらも皮膚にはダメージを与えませんから埋没毛の心配もありません。価格もかなり安くて脱毛器の中でも手が届きやすい機種ですね。

no!no!HAIR(ノーノーヘア) : http://my-no-no.ya-man.com/


埋没毛に関する新しい記事

埋没毛の処理の仕方がカギ